【イベントレポート】2016年9月7日〜13日 タイスタディツアー

2016年9月7日〜13日にタイスタディツアーが開催されました。

本ツアーは、無国籍ネットワーク会員である立教大学社会学部准教授 石井香世子氏が企画・準備をを担当され、立教大学社会学部石井ゼミ、東京大学東洋文化研究所 池本研究室との合同企画として、開催されました。

現地での様子をツアーに参加された鈴木崇仁さんがまとめて下さったので、ご紹介いたします。

 

—————————————————————————————————

payao%e5%a4%a7%e5%ad%a6%e3%80%80%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%82%ab%e3%82%99%e3%83%ab%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%8b%e3%83%83%e3%82%afPAYAO大学で行われているリーガルクリニックに同行

させていただき、無国籍の人々に対する法律相談の様

子を見学しました。そこでは、どのようにすれば国籍

を取得できるようになるかを相談していました。みな

さん、真剣な様子で互いの話を聞いていました。タイ

人であることは思ったよりも様々な方法で証明できる

ことが分かりました。

payao%e5%a4%a7%e5%ad%a6%e3%80%80%e3%83%9f%e3%83%8b%e3%82%bb%e3%83%9f%e3%83%8a%e3%83%bcPAYAO大学を見学させてもらいました。と

ても広いので、大学内の人々はバイクやバ

スなどで移動していました。ここでは無

籍にするセミナーが開かれ、日本とタイ

の無国籍問題を研究している者同士で親交

を深めました。

 

payap%e5%a4%a7%e5%ad%a6%e3%80%80%e6%95%99%e6%8e%88%e3%81%b8%e3%81%ae%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%83%92%e3%82%99%e3%83%a5%e3%83%bcPAYAO大学にて、無国籍の教授にお話を聞くことがで

きました。終始、和やかな雰囲気の中でインタビュー

が行われ、今までの人生で経験したことをお話しして

いただきました。無国籍ということが障害になった経

験もあったそうです。無国籍方の生の声を聴くという

貴重な体験をすることができました。

%e7%a7%bb%e6%b0%91%e3%81%ae%e6%96%b9%e3%81%b8%e3%81%ae%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%83%92%e3%82%99%e3%83%a5%e3%83%bcチェンマイの飛行場に近い村で、移民の方にお話をお

聞きしました。インタビューはこの方の自宅で行われ、

お水を出してくれるなど、親切な対応をしていただき

ました。タイに来るまでの過酷な体験の話や、今現在

の生活の様子をお話しいただきました。また、家の中

でインタビューが行われたので、実際の暮らしぶりを

体感できる貴重な機会となりました。

%e3%82%bf%e3%83%9e%e3%82%b5%e3%83%bc%e3%83%88%e5%a4%a7%e5%ad%a6%e3%80%80%e3%82%b7%e3%83%b3%e3%83%9b%e3%82%9a%e3%82%b7%e3%82%99%e3%82%a6%e3%83%a0

Thanmmasat大学のランパーンキャンパスで

無国籍に関するシンポジウムが開かれました。

ここではタイ国内において無国籍問題に取

組んでいる多くの人々が出席しました。各団

体からプレゼンテーションが行われ、現在の

無国籍の状況を知ることができました。

鈴木 崇仁

Translate »